大村秀章知事は元腐敗自民党で小泉・安倍・麻生の中枢にいた、
戦後自民党の腐敗・デタラメを象徴するこの3つの内閣に仕えていた大村秀章は2011年愛知県知事選挙で自民党の人形候補支持を蹴飛ばして自ら立候補し名古屋市長河村たかしとも共闘し知事選に圧勝した。
愛知県知事になった大村は名古屋県政を腐敗自民党べったりのデタラメから徐々に距離を置き始めた。
まともな政治家なら当然であったが「長野県田中康夫県知事現象」に恐怖した破廉恥極右集団が大村攻撃を開始した。
今回の大村知事リコール署名不正犯罪はその中で起きた。

aitore4