社会と国民生活の破壊である。

防衛省は24日までに、2021年度予算の軍事費概算要求について、過去最大の約5兆5千億円とする方針を固めた。
軍事費(当初予算ベース)は2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、20年度まで8年連続で増加し、6年連続で過去最大を更新。20年度は5兆3133億円を計上。

安倍の実弟岸信夫防衛相は24日秋田・山口両県への配備を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策について、自民党の国防部会などに説明。
陸上配備から洋上配備に転換し、(1)弾道ミサイル迎撃に特化した専用艦を含む護衛艦型(2)民間船舶活用型(3)石油採掘用プラットフォーム型―の3案から年内に絞り込む考えである。