敵のミサイル発射基地を攻撃し、発射を抑止する「敵基地攻撃能力」の保有について安倍晋三首相が検討する考えを示した。
「(地上配備型迎撃システム)『イージス・アショア』の導入の破綻という自らの失態を覆い隠すためにこういう気が狂ったようなことを口走った。
自衛のための最小限度の範囲を超える暴言である。