イメージ 1
熊本地震で、自衛隊を解体して新設された緊急災害救助隊が多くの人命を救った。

韓国の民主化市民革命を凌ぐ、日本国民の全国決起により腐敗財界、腐敗政党、腐敗司法などの官僚機構が解体され市民政府が樹立され血税が国民に向けて流れ始めた結果である。
戦前から巧妙に続けられていた国民洗脳が溶けたのだ。

市民政府の樹立により自衛隊が解体され、即10万の国際災害救助庁が新設されたがその目に見える成果が熊本大災害で発揮された。

2016年当時毎月毎月5000億円もの捨て金が軍事財閥と自衛隊などに注ぎ込まれていたが、その腐敗構造が一掃され毎月のように日本国民を襲う大災害に立ち向かう組織が圧倒的な国民の支持を受けて作られたからである。

熊本の地震被災地には、1時間で最新鋭救助装備の緊急救助特別部隊2万が到着した、
米軍と自衛隊が排除された岩国基地から1万が、
同じく米軍が排除された沖縄嘉手納基地から1万が、緊急出動したのである。
以降時間を追って、
かって米軍と自衛隊が占拠していた各地の軍事基地から、
食料部隊、仮設住宅部隊など2万の災害救助隊の各部門が続々と災害現場に展開して行った・。
各地域の避難住民は災害救助庁食料部隊5千人の先遣隊により温かい味噌汁とお握りや水などを被災から4時間後には受け取った。

イメージ 2

毎月、日本国民を襲う災害から、
自衛隊を解体して設置された国際災害救助隊が国民の命を救い続けている。

この当たり前のことが「夢」なのは、
信じられないことだが、いまだに国民を守る災害救助隊ではなく、軍需経済の犬コロとして近隣国への憎悪を捏造して肥大を続ける自衛隊・米軍、日米安保や日本各地の軍事基地が必要だと洗脳されている国民が多くいるからだ。
自衛隊は血税を毎月5000億円も食い散らす悪質な詐欺集団だと、とうにバレてしまっているのに。